ワイキキ情報新型コロナに関する情報と弊社の徹底した安全対策

ハワイの観光の再開・新型コロナに関する情報

 

10月28日付けアップデート

ハワイ州は11月6日から日本人旅行者を対象とする事前検査プログラムを開始することを発表いたしました。この事前検査プログラムは、日本を出発する72時間以内にハワイ州指定の医療機関で新型コロナの検査を受け、ハワイ入国時に陰性証明書を提示することにより、到着後の14日間の自己隔離が免除されます。

ハワイ州指定医療機関リスト、旅行プロセスについては、ハワイ州観光局の下記ページをご参照ください。https://www.allhawaii.jp/covid19/news/201028/

 

アメリカから日本へご帰国する際の14日間の自宅待機要請はまだ解除されておりませんので、ご注意ください。

 

10月14日付けアップデート 

3月に14日間の自己隔離令が出されて以来閉鎖状態だったハワイの観光が10月15日(木曜日)から再オープンいたします。各島に依って規制が違いますので他島への訪問をご予定のお客様は事前にお調べください。現状では島と島間の移動の際は14日間の自己隔離が課されます。ハワイの感染の状況に応じて入国の際の条件が変動したり、入国後に数人の人が抜き打ちにテストをさせられるケースも有りますのでご了承ください。

 

出発の72時間前に陰性のコロナ・テスト(NAAT)の証書を持参される事よって14日の自己隔離が免除されます。現在、様々なテストが開発されておりますが、アメリカのFDA認可のテストのみが有効となりますので、検査の際にご確認ください。血中の抗体を調べるテストは、無効です。入国の際間違ったテスト結果をご持参の場合は14日間の自己隔離が必修になります。5歳以下のお子様は免除されます。

 

18歳以上の方は出発の24時間前に、オンラインで旅行者登録Safe Travelsを行い健康状態や渡航情報を申請し、コロナ・テストの陰性証明書をアップロードし、取得したQRコードをスマートフォンの画面か印刷した紙にてご持参ください。

 

 

ハワイ州観光局の日本語ページで、ぜひ最新情報をご確認ください:
https://www.allhawaii.jp/htjnews/4084/

 

オアフ島のStay-at-Home, Work-at-Home Orderについて

2020年9月22日

カーク・コードウェル ホノルル市長は9月22日に"Stay-at-Home, Work-at-Home Order" による規制を9月24日(木)より緩和し、段階的システム“Tier System”によるいくつかの条件のもと、オアフ島の再開を発表しました。

規制緩和に関しての詳細は以下の通りです。

  • ・ビーチ、公園、トレイルを利用目的での集まりは最大5人までとする
  • ・小売店、大規模小売店などのビジネスの営業は最大収容人数を50%とする
  • ・宗教関連のサービスの最大収容人数を50%までとする
  • ・レストランの営業は最大収容人数を50%までとし、1テーブル5人 (同世帯のみ) までの利用を可能とする (事前の予約必須)
  • ・美術館、動物園などのアトラクション施設は室内エリアのみ最大収容人数を50%とする
  • ・美術館、動物園などのアトラクション施設は室内エリアのみ最大収容人数を50%とする
  • ・映画館は飲食サービスを提供しないことを条件に営業再開とする
  • ・ボーリング場は1グループでの利用を最大5名までとし最大収容人数を50%とする
  • ・美容室、理容室、ネイルサロンなどは条件の下営業を再開とする
  • ・ジムやフィットネスなどの利用は室外での営業のみの再開とする

 

キャプテンクック・リゾートの徹底した安全対策

キャプテンクック・リゾートでは、ゲストの皆様、オウナーの皆様、そしてスタッフ一同の安全の為に新型コロナの最新の情報に常に注意を払い、皆様に感染のご心配のない滞在をして頂ける様に万全の対応を常に念頭に置いております。

 

アメリカ連邦防疫サンター (CDC)は、パンデミックが始まった頭初には、感染の一番のリスクは表面に付着したビールスに手で触れそれを顔、目、鼻に触る事で伝染すると考えておりましたが、最近ではそれに加えて一番の感染は対人との隣接時の接触で伝染するとして、”ソーシャル・ディスタンシング(2メートルの空間を維持する)”の実行を第一番の重要事項と考える様に指示しています。 皆様のご到着の前後に弊社の予約の担当者、そしてチェックインの担当者にご滞在時の注意事項、安全対策、諸々のご説明をさせていただきます。市、州、連邦、コンド内の規制はこの先いろいろ改定されますのでご到着の前後に的確なご説明、アドバイスをさせて頂きます。

 

 

キャプテンクック・リゾートでは新型コロナCOVID-19の感染予防にどういう対応処置をされてますか?

 

現在キャプテンクック・リゾートでは、最新のコロナウイルスに対応した静電気スプレー清掃の導入に力を入れております。お客様のチェックアウト後の清掃の後、下記の様にウイルスの消毒を行います。詳細は随時このサイトにてお伝えさせていただきます。

 

        

 

 

弊社ではゲストの皆様、オウナーの皆様が安心してご宿泊していただける様日頃から清掃には大変な注意を払ってきました。このパンデミックの状況下、以前にも増して清掃には最新の消毒用具を起用してチェックアウト後の殺菌、清掃に注意を払う体制でおります。パンデミック後の”ニュー・ノーマル”と呼ばれる新しい旅行、宿泊に関するスタンダードを手早く取り入れ、そしてまた、コンドミニアム内での必要な殺菌方法を開発、取り入れる姿勢でおります。また、市、州、連邦政府、コンドミニアムの組合の規制、注意事項も常に改定されますので、逐次皆様にご伝達いたします。

 

弊社のリネン類は全てプロフェッショナルの会社にクリーニングを委託しております。高熱水での洗濯、洗剤、消毒、の過程で行われますので安心してご宿泊頂けます。お部屋に備え付けの洗濯機、洗剤では充分な消毒ができませんので、全て専門業者に委託しておりますのでご安心下さい。

 

接客の際のスタッフとゲスト及びオウナーとの”ソーシャル・ディスタンス”はどの様に行われますか?

 

弊社のチェックイン・管理・修理のスタッフは、常にマスクを着用し、消毒液でのワイプを使用します。鍵の受け渡しの際、お部屋の修理、メンテナンスの際にも常にマスク着用、消毒液を使用し、距離を置いて安全な方法で対応いたします。パンデミックが発生して様々な消毒用・ソーシャル時の防御用の器具が急速に考案されております。弊社は常に最新のアイデアを取り込む体制でおります。

 

なにかご提案、ご心配な点、ご不明な点が御座いましたら遠慮なくお尋ねください。 ハワイ時間9時から1時 (800) 854-8843 or (808) 738-5508 もしくはメイルにてinfo@captaincookresorts.jp

上記の州・市政府の規制発表に基づき、ご予約をされているお客様に対して特別措置での日程変更またはキャンセルを承っております。